ご挨拶

当社は、昭和48年2月(1973年)2月に作業環境測定を業務とすることを目的とし、茨城県第1号の同測定機関として発足いたしました。

昭和55年に計量証明事業登録(濃度)を受け、同時に技術センターを開設して以来、有害物を扱う職場等を対象とした作業環境関連はもちろん、環境問題を考える上で欠かすことのできない濃度に係る計量証明関連を始め、環境アセスメント関連、一般分析や調査・測定業務、さらに微量金属の分析研究のための計測・分析、コンサルタント及び関連機器の販売等を行っております。

昭和62年(1987年)には,技術センターの移転を契機に『筑波研究所』と名称を改め,分析計測部門の一層の充実を図りました。また当時としては高価な金属の微量分析を行うICP発光分析装置をいち早く導入しました。

イオンやガスの濃度を分析する各種クロマトグラフ及びデータ処理装置など、計測・分析に関する最新型の機器と、これらの機能を最大限に活用するための洗練された確かな技術、豊富な経験を持つスタッフ、この双方を強化し、お客様の多種多様なご要望にお応えできるべき努力をいたしております。

自然破壊、環境汚染が国際的規模の問題としてクローズアップされ、その危機が叫ばれている現在、当社が担う役割は大きいものと自負しております。それだけに、今より以上の責任感と使命感を持って業務に取組み、お客様より更に厚いご信頼をいただけるよう、努力して参ります。

株式会社環境測定サービス
代表 黒羽 徹